1. キャバクラの面接では清潔感ある服装が好印象

キャバクラの面接では清潔感ある服装が好印象

京都のキャバクラで体験入店を行う前にはまずは面接を受ける事、そして面接をクリアしなければなりません。
面接と言っても企業の正社員として採用してもらうのではなく、キャバクラ店のキャバ嬢としての採用なので履歴書や職務経歴書などの難しい書類は殆ど必要ありません。

必要なのは顔写真入りの身分証(運転免許証、パスポート、学生証など)だけ
必要に応じて履歴書を持参しますが、殆どのお店が身分証の提示だけでOKを出しています。
念のために面接時に必要な物を確認しておくと安心ですね。

キャバクラ面接に必要なもの


キャバクラの面接に必要な物は顔写真入りの身分証明書です。
本人であると確認出来なければ意味がないので、健康保険証では意味がありません。
必ず顔写真と生年月日(年齢を確認するため)、本籍地や住所が入った身分証明書を用意してください

履歴書は基本的に必要ありませんが、念のために必要かどうかを聞いてみてください。
ケースとしては非常に少ないのですが、キャバクラ店の正社員キャバ嬢として入店する場合は正式な履歴書や職務経歴書が必要になる場合もあります。

基本的な事ですが遅刻は厳禁です
もし遅れそうな時は担当者に「道に迷ってしまって10分ほど遅れます」などマメな連絡をしましょう。
ドタキャンや無断で遅刻では不採用になる可能性大です。

キャバクラ面接時の服装は?


キャバクラはナイトワークなので、面接時の服装はリクルートスーツでバッチリ決める必要はありません。
私服でもOKですが、面接なのでTシャツにGパンなどラフ過ぎる格好はNG。
白いブラウスやスカートなど清潔感のある服装が理想的です

キャバクラで実際に働いている姿をイメージしてもらえるように、パンツで面接を受けるよりもスカートの方が好印象
髪型もひっつめ髪ではなく、ゆるくウエーブをかけてお店で実際に働いている髪型に近いヘアスタイルを心がけると採用確率がアップする可能性大です。

面接官(多くの場合は店長や副店長)に「この子は印象が良いな」「爽やかな感じがするな」「この子ならすぐにお店に出てもらってもOK」とプラスイメージを持たせるためにも、髪型や服装は要注意。
華美な服装をする必要はありませんが、清楚な服装を心がけましょう。

キャバクラ面接時のメイクなど


キャバクラは店内の照明が暗めなので、ちょっと濃いめのメイクで面接を受けても問題ありません。
メイクが濃い方がお客様の印象に残りますし、逆にメイクが薄いと薄ぼんやりした印象になります。

キャバクラ店で働く事を想定して、少し恥ずかしいかもしれませんが濃いめのメイクで面接を受けましょう
とくにアイメイクを濃い目のすると印象に残りやすくなります。