1. キャバクラの体験入店当日の持ち物はこれ!

キャバクラの体験入店当日の持ち物はこれ!

面接後に「いつから働けますか?」と言われたら面接は無事クリア!
面接当日に体験入店する事も出来るのですが、持ち物をきちんと揃えていない、気持ちがまだ揺れているなど理由があれば後日体験入店もOKですよ。

では体験入店に必要な物をピックアップしましょう!
参考にしてくださいね。

体験入店の当日の持ち物はこれ


体験入店で一番忘れやすく重要なものに「ストッキング」が上げられます。

意外と忘れてしまう女の子が多いんです。
お店で販売している事もありますが、余計なお金がかかるのは嫌ですよね。
お店によっては無料支給してくれる有りがたい所もありますが、まずは忘れない事

それ以外にも

  • ・ハンカチ
  • ・ライター
  • ・ポーチ
  • ・最低限必要なお化粧道具
  • ・スマホ(連絡用)
  • ・筆記用具(ボールペンなど)

が必要です。
ドレスやサンダルも必要なのですが、購入するとそれなりのお値段になってしまいますし、本入店ではないのでお店でレンタルしてくれるならそれを利用しても構いません。

経験者であらかじめドレスやサンダルを持っている方は、体入時に自分で用意してもOKです
京都のキャバクラだからと言って、着物で接待するお店はイベントの除き、ほとんどありません。

お店で使うドレスや靴、ポーチなど


お店で使うドレスやポーチ、靴(サンダル・ミュール)などは、自前で揃えるのが理想的ですが、体験入店で全てを揃えて来る女の子は少数派。
ドレスは貸し出ししてくれるお店もありますので、面接時に「ドレスがないので貸してもらえますか?」など確認しておくと良いです。

キャバ嬢はドレスやサンダルだけではなく、ポーチ(クラッチバッグ)も必需品
バッグを持っていない時はお店でレンタルしてくれるのでそれを利用しましょう。

ドレス・サンダル・ポーチなどをレンタルすると当然ですがレンタル代がかかります。
お店によってはレンタル代無料の所もあるので、体験入店前にどれだけの経費が掛かるかも確認しましょう

ヘアメイクはセルフ?それとも専属の方に任せる?


キャバクラは夢を売る場所です。

そのため、生活感あふれるボサボサ髪やひっつめ髪、ノーメイクでお店に出る事は絶対にダメです
ひっつめ髪の女性を見たら、つい自宅にいる奥さんの事を思い出してしまう顧客だっているかもしれません。
最低限のヘアセット・メイクは必要です。

ヘアメイクが苦手な方は、お店専属の美容師にお願いして髪型やメイクを整えてもらうのが無難です
自分で整えるのは安上がりなのですが、やはりプロの方が仕上がりが綺麗です。
ヘアメイクに自信がないときはプロにお任せする方が良いです。